Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市フォーラム「風と緑で快適な街を」安藤忠雄さん  08 10 17(金)

フォーラム1 フォーラム2 フォーラム10 フォーラム3

フォーラム7 フォーラム5 フォーラム6 フォーラム8

フォーラム9 フォーラム4

小学校の同窓生 Iさんに案内をもらって、NHK大阪ホールの大阪の街づくりフォー

ラムに出かけました。

私は建築家・安藤忠雄さんのさまざまな取り組みと作品に興味を持っていて、19

日に開通する京阪中ノ島線の出入り口の作品をとても楽しみにしているのです。

I さんはそんなことは全然知らずに連絡をくれたのですから、私はなんとラッキー

なんでしょう!


プログラムは全国から応募のあった環境共生型の都市づくりの事例やまちづくりの

優れた作品の受賞3団体の表彰式から始まりました。

第1部は基調講演「水と生きる~環境にやさしい町とは~」。 講師は建築家・安藤

忠雄さん。 第2部はパネルディスカッション「風と緑で快適な街を」。 

私の興味は安藤忠雄さんです。 新聞などの記事では、どちらかというと肯定的な話

し振りをされるイメージを受けるのですが、今の温暖化現象をどう捉えてどんな対策

を考えていられるのでしょうか?


安藤さんは、「六甲山、生駒山は植林により今の姿になったもので、日本人の感性

の高さとスケールは素晴らしい。 それは日本の四季により育まれたもの」としなが

らも、「大企業の人のメンタリティが高ければいいのだが」と嘆き、「市民が目の前も

木に水を遣り、枯れた木を植えなおす気がないとヒートランド現象は止まらない」

また、「子どもに自然の大切さの教育を施していない今の教育を当てに出来ないの

で自分でやっている」と苦渋を滲ませて話していられました。


「2メートルバックして森を創れ!」と提唱し、市民を巻き込んで大川に桜の道を創

り、川べりを緑地にし、ごみの島を「海の森」に変えようとする安藤さんの強い意志と

壮大な思考、柔らかい頭脳を心から尊敬し、応援したいと思いました。


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

emikononiwa2

Author:emikononiwa2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。