FC2ブログ

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iさんのこと①  07 12 27(金)のブログと 08 01 24(木)の追加

1227岩井さん

八尾を訪ねる第一の目的は、11月にご主人を亡くした八尾時代の友達Iさんを

訪ねること。

Iさんは市内の数ヶ所で学習塾を開いていますが、今日はそのひとつを締める

当日でした。 Iさんの新しい道が開かれようとしていました。


第2の目的は、手術後リハビリ中の友達Iさんを訪ねること。

Iさんはシクラメンが大好きな華やかな人です。

若い頃の私に美しいものや楽しいことをいっぱい教えてくれた人生の先輩です。

玉串川のほとりの園芸店「橋本」さんでフリル入りのシクラメンを買って

Iさんを訪ねました。

園芸店の店主の橋本さんは以前の通り実直そうなままで白髪になっていました。




08 01 24(木)追加

八尾時代の友達Iさんは、やはり病気にもめげず元気でした。

「やぁ、久し振りやねー」という高い声とテンションは全く衰えを知らず、自分の

動けない分は時間の余裕のあるめいごさんを使って、玄関前をパンジーで埋め

尽くしていました。

こうだろうとは予測していましたが、「これほどとは!」と感心するばかりです。


Iさんは、かかっている病気さえ自分の味方にてしまいます。

どれだけ多くの病気を持っているか、どれだけすごい主治医に診てもらっているか、

どれだけすごい病院にかかっているか、そのどれもが、Iさんにとっては誰よりも

1番すごいことなのです。

決して否定的な面は見ることはありません。 だからいつも明るく、どんなにしんどい

病気であっても元気なのです。


Iさんを見ていると、病気がその人を「うつ」にさせるのではない、やはり心がなによりも

優先するのだと実感します。


Iさんは一人っ子で、少し厳格な母親とその未婚で同居の妹のもとで育ちました。

そのお2人のことは、私も可愛がってもらったのでよく知っているのですが、

特に妹さんの方は気のいい、屈託のない、愛情に溢れた人でした。

仕事を持っていた母親に代わってこの人がIさんの世話をしていたのでしょう。

Iさんはこの2人から愛情をたっぷり貰って育ったのだと思います。

だから、なにがあっても「うつ」にはならないで肯定的に生きていけるのでしょう。



いつかゆっくりとIさんに話を聴いてみたいなぁ!


スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

emikononiwa2

Author:emikononiwa2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。