Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御堂筋のイチョウ   08 12 11(木)

081019安藤  081211御堂すじ  081211御堂すじ      081127天理のイチョウ

写真左から081019建築家・安藤忠雄さんの記事
       081213御堂筋のイチョウ
   右端 081123天理のイチョウ 
  
081127やすらぎのイチョウ   081127やすらぎのイチョウ

081123やすらぎの道のイチョウ


スポンサーサイト

「やすらぎの道」のイチョウ②  08 11 23(日)

071119やすらぎイチョウ 081123やすらぎイチョウ 071119やすらぎイチョウ 081123やすらぎイチョウ

去年と今年の伐採の程度を比べると、今年はいくらか葉を残すように心がけている

様子が感じられます。 

行政さん、頑張って!


写真左から①昨年同時期(071119)のイチョウ②今年伐採後、同位置のイチョウ
       
       ③昨年同時期(087119)のイチョウ④今年伐採後、同位置のイチョウ

070824伊丹のイチョウ 081128伊丹のイチョウ

写真左から①伊丹市でも同じようにイチョウ並木が伐採され、作家の田辺聖子さん

がコメントされています。 ②大阪市のJR森之宮駅近くのイチョウがきれい!コンクリ

ートの街に彩りを添えています。


「やすらぎの道」のイチョウ①  08 11 17(月)

081117やすらぎのイチョウ   081117やすらぎのイチョウ   081117やすらぎのイチョウ   081117率川神社

毎年目にしなくてはいけない悲しい風景です。

オフィスの前のやすらぎの道のイチョウ並木が落葉予防の為に毎年この時期にな

ると伐採されます。

今年は初めて伐採する現場を目にしました。

成長を押さえられたイチョウは元気がなく葉がちぢこまっています。 道を隔てた率

川神社のイチョウと比べると一目瞭然。 率川神社の方はのびのびと活力に満ちて

います。

どこへ訴えていいのか? 歩道の掃除をすることのない私がどう訴えていいのか?

景観、美観という、直接の実益のないものを護ることは何の意味もないことなのでし

ょうか?  そうではないですよね。

そういうことが文化であり、殺伐とした現代社会に潤いを与えるエッセンスなのでは

ないかと思っています。 NHK主催の「都市フォーラム」で、建築家の安藤忠雄さん

は、子どもへの自然教育の難しさを語っていられましたが、私は子どもたちに自然の

大切さを教えるには、言葉で教えるのではなく身近で自然を体感させて上げることが

一番だと思います。

もともと子どもたちは、生まれながらに自然と触れ合うのが大好きです。 そのことは

わが子を育て、孫たちの成長を見てきた経験から解ります。 この子どもたちの自然

嗜好と豊かな感受性を保ち育てるのは身近にある自然です。 身近に自然を残した

り創ったりするのは大人の仕事です。 それが今ここにあるのに伐採してしまうのは

勿体ない。


奈良市さん、奈良県さん、どうか新しい道に「やすらぎ」という名を冠して、イチョウを

植樹した当初の意向に立ちかえって下さい。

伐採の理由は住民の落葉苦情への対策だということですが、御堂筋のイチョウ並木

の美観を護っている大阪市に習って、金色に輝く落葉の景観を身近に残して下さい

ませんか?


隣のガレージ  08 05 26(月)

080526月 隣ガレージ

いよいよ今日で閉鎖です。

オフィスを訪れるクライアントさんのほとんどが車です。

5年半大変お世話になりました!



夕暮れの御堂筋   08 05 06(火)

0805068()

連休最後の日、仕事を終えたあと大阪へ。


御堂筋のイチョウはもうこんなにのびのびと葉を伸ばしています。

やすらぎの道がこんな風になればどんなにいいだろう!と思います。


秋の散り敷く落葉の処理はきっと大変な作業なんでしょうけれど、大阪の行政はどのようにして

清掃しているのでしょう?

大阪と同じように奈良でもできないのかしら?


ちらほらと街灯が灯り始めた夕暮れの新緑は、言葉に尽くせないほど美しい!

やすらぎの道でも、、、


Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

emikononiwa2

Author:emikononiwa2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

管理者ページ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。